事務局

2019年08月01日

2019年8月 業務休業のお知らせ

JPMA-LOGO-B
 JPMA事務局は下記の通り休業とさせていただきます。
  何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

  夏期休業: 2019年8月13日(火)~ 2019年8月16日(金)まで  
        ※2019年8月19日(月)より通常業務を開始いたします。



mikabo2416 at 15:00|Permalink

2019年07月22日

重大事案の注意喚起

重大事案の注意喚起
パラモーター飛行において、飛行した事による問題が発生しました、以下

先月6月に皇宮警察本部から6月4日と6月22日に電話があり、その内容は、モーターパラグライダーが6月4日には御所、6月22日には桂離宮の上空を低空飛行したので、弊社の関係者ではないか?または誰か?というものでした。

御所や桂離宮がある場所は京都の都市部で住宅地や商業施設、工場、高速道路、高圧線などがあるまさに都市の中心地と言えます。

弊社エリアルールではテイクオフ場やランディング場のある亀岡市や南丹市以外へ飛んで行くようなフライトは基本的に禁止していますが、モーターパラグライダーの問題のあるフライトによって、弊社のエリアにまで影響が及ばないよう、対策を打たなくてはならないと思い始めました。

過去には京都嵐山の観光地や向日市の新幹線の上空をフライトがあり、その時も警察観光関係者から問い合わせを受けており、同じ空を飛ぶ仲間とは思えない非常識な行動に憤りを覚えております。

どうか、御社様にもどうかご協力をいただき、正しく国内で飛ぶための最低限のことを守るよう呼びかけていただけないでしょうか?

今後ますますモーターパラグライダーの行動がエスカレートすると、パラグライダーでのフライトが日本では許可されない事態に発展してしまいそうです。

私個人の意見としては、もうモーターパラグライダーは国内の許可された以外のフライトには罰金が課されるようになっても自業自得だと思います。

しかし、ルールを守ってエリア内で飛んでいる我々まで自由に飛べる環境に影響を受けないよう願うばかりです。

この件は、パラワールドとしても、10月号に小さな記事を掲載予定です

※同じ空を飛ぶ仲間として知らないでは済まされません、航空法を理解し秩序やモラルを守らなければ、近い将来に規制を受け自由に飛べなくなります、また見かけたならば相手に教えてあげて下さい。

楽しく安全な飛行を 
パラモーター飛行において、最低限のフライトマナーや技量を有さずに飛行した事による苦情や事故が発生し、地域住民・地域社会への多大な悪影響が社会問題化している事例が確認されています。かねてより、国土交通省航空局や(財)日本航空協会などからは、パラモーターに限らず航空スポーツの事故多発を危惧し、関係団体へ愛好者の教育や啓蒙の徹底など強く指摘、要望され続けています。


モラル
に関しても苦情や地域問題は減ることがなく、飛行禁止を強要されたエリアも現実に出てきています。現状の航空法(通達)に適用されなくとも、地域条例によって規制される可能性が常に危惧されています。そのようなことにならぬよう、早急に地域社会との融和、協調をいかにとってゆくべきか、皆様お一人お一人が真摯に対応していただかなければならない時期にあることは愛好者皆様のご承知のとおりです。

 

当協会も行政・マスコミ等に対しご理解頂けるよう啓発活動を展開、活動を続けることでご理解を得て参りましたが、今後もこの航空スポーツが健全に発展してゆく為に、今ある自由を維持してゆく為にも、これからも皆様方のご理解とご協力を強くお願い申し上げます。

 

※海岸、観光地(公園なども含)などの飛行エリアでの低空飛行(観光客へのアピール)に注意!

河川敷や海岸線近隣、河川敷公園近隣でのフライトが中心となるために、海水浴やレジャーが多くなる季節を中心に、パラモーターの騒音苦情や危険行為(観客上空を低空フライト)と見なされる事例が挙げられます。

仲間内では楽しいフライトも、一般市民には迷惑と感じられることもありますのでご注意ください。パイロットは地上の人に対し、楽しませる思いで飛行しているかもしれませんが、一般市民の多くは騒音や危険性など嫌悪感を持つことが多く、これまでにも多くの苦情が寄せられてきます。

 

※(財)日本ハンググライディング連盟より鳥取砂丘での飛行自粛の啓蒙要請(以下抜粋)

昨年の同時期(GW中)に、身元不明の心無いエンジン付パラフライヤーが団体で、国立公園で特別天然記念物の鳥取砂丘の上を、ぶんぶんと観光客の近く飛行。鳥取市、鳥取県、管理団体から、厳しく注意を受けた。この地域で長く講習・フライト活動をしているHGPGも同罪で禁止することになりかねない事態が憂慮されている。(平成2141日から「日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例」が制定、施行されている。

 

諸事情御理解のうえ、エンジン付きパラグライダー・ハンググライダーの鳥取砂丘でのフライトはご遠慮していただけます様に、ご協力をよろしくお願いいたします。

昨年は、湘南地域でもマナーを守らず、同じ様に観光客のすぐ近くをフライトして、地元のクラブを困らせる事件も発生しました。
フライトする際は、フライヤー宣言の精神に基づき、他人に迷惑をかけないことを念頭におかなければなりません。一部のフライヤーの方により、たくさんのフライヤーの方々のフライトも自粛しないといけないケースが出ますので、何卒ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 



mikabo2416 at 20:26|Permalink

2019年07月12日

令和01年度日本パラモーター協会通常総会の開催(ご案内) 2019年8月6日(火)14:00~ 於:航空会館(東京都新橋)

190712-2総会案内0806-1会員各位

皆様におかれましては、はますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、当協会の運営に際しまして格別のご支援・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、標記の総会を下記により開催致しますので、ご多忙の折誠に恐縮に存じますが、ご出席賜りますようご案内申し上げます。

続きを読む

mikabo2416 at 20:38|Permalink

2019年06月05日

日本航空協会第より 284回「航空と宇宙」定例講演会【ANAのA380 と JALのA350、新機種導入に秘められた戦略を探る!】のご案内について--7月19日 (金)

284回「航空と宇宙」定例講演会が開催されます。(於:航空会館)

284回定例講演会 告知パンフ



続きを読む

mikabo2416 at 11:37|Permalink

2019年05月23日

追加-「国賓」アメリカ合衆国トランプ大統領来日に伴う警備協力の依頼について(通知)

警視庁警備部文書「飛行自粛等の依頼」20190523← (クリック拡大)
(一財)日本航空協会を通じ、警視庁警備部長から「飛行自粛等の依頼」及び「フライト自粛要請期間及び区域(計13部)」の追加情報を受付しました。

1. 管理強化と通報連絡

(1)期間
令和元年5月25日(土)午前9時30分から
      5月28日(火)までの間
(2)管理体制の強化による機体等の盗難防止
(3)不審者(車)、不審物発見時の110番通報




2.飛行自粛
(1)期間
令和元年5月25日(土)午後3時10分から
      5月28日(火)午後3時30分までの間

(2)区域
●皇居~外周から1,000m内、高度3,000ftの区域内 
 但し、5月27日(月)9:20~9:35までの間は皇居外周から1,500m内、高度3,000ftの区域内
●東京国際空港地区~外周から1,000m内、高度3,000ftの区域内
●迎賓館~外周から1,000m内、3,000ftの区域内
●ハーディ・バラックス~中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
●アメリカ大使館~中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
●パレスホテル~中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
●両国国技館~中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
●アロービル~中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
●首都高速道路の指定区間~両側から中心から半径1,000m内、高度3,000ftの区域内
(湾岸線、11号台場線、1号羽田線、3号渋谷線、4号新宿線、6号向島線、9号深川線及び都心環状線)
※別図とおり

3.連絡先
警視庁警備第二課(警備対策係) 柿並警部
電話03(3581)4321 内線55331

続きを読む

mikabo2416 at 14:56|Permalink

2019年05月20日

『「国賓」アメリカ合衆国トランプ大統領来日に伴う警備協力の依頼について(通知)』

警視庁警備部長文書(通知)20190520-1(クリック拡大)

(一財)日本航空協会を通じ警視庁警備部長より『「国賓」アメリカ合衆国トランプ大統領来日に伴う警備協力の依頼について(通知)』(令和元年520日付)を受領しました。

2019525日~528日の対象時間帯における「東京都23区全域、福生市、東大和市、昭島市、立川市の全域での飛行自粛」及び、期間中を通じての「管理体制強化による機体等の盗難防止」不審者(車)、不審物発見時の110番通報」に関する内容です。  資料をご確認ください。


※飛行自粛対象空域に関するNOTAMは後日発行予定





mikabo2416 at 14:22|Permalink

2019年05月16日

G20大阪サミット開催に伴う飛行制限区域の設定について

R1.5.15 告示公布事務連絡(航空協会)

(クリック拡大)

(一財)日本航空協会を通じ、航空局総務課危機管理室より、 『G20大阪サミット開催に伴う飛行制限区域の設定について』の周知依頼がありました。
[令和元年59日国土交通省告示第3号]をご確認ください。




                


続きを読む

mikabo2416 at 17:30|Permalink

2019年04月26日

GWを迎えるにあたり注意喚起依頼

(一財)日本航空協会より以下、注意喚起がありました。



航空スポーツ統括団体の皆さまへ


 いつもお世話になっております。

日頃より弊協会の活動にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。

 

既にご存知の方も多数いらっしゃるかと存じますが、4月22日(月)に岐阜県海津市におきまして、ハンググライダースクールでの実技講習中にスクール生の男性が尊い命を落とされるという痛ましい事故が発生致しました。

 過去のデータから、4月~6月は年間を通じて最も事故の発生件数の多い時期です。10連休という、過去に例のない長いG/Wが始まりますが、G/W中は多くのイベントが開催されると同時に、一般のお客様や経験の浅い愛好者が航空スポーツに触れる機会の多い期間でもあります。

 各団体の関係者の皆様におかれましては、日頃より安全性の向上に努めていただいていることは承知しておりますが、今一度基本に立ち返り、お客様や愛好者、競技者の皆さまの安全を最優先して、法令遵守の徹底と安全対策の徹底に努めていただきますようお願いする次第です。


航空機乗組員の飲酒による運航への影響について(航空法第70条関係)
←(クリック拡大)

合わせて、1月31日に航空局長から発信されました「航空機乗務員の飲酒による運航への影響について」につきましても、改めて会員の皆様への指導・周知徹底を図っていただき、運航の安全確保について万全を期していただきますようお願いいたします。

続きを読む

mikabo2416 at 16:18|Permalink

GWを迎えるにあたって(注意喚起依頼について)

190426航空スポーツ統括団体の皆さまへ
いつもお世話になっております。
日頃より弊協会の活動にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。

既にご存知の方も多数いらっしゃるかと存じますが、4月22日(月)に岐阜県海津市におきまして、ハンググライダースクールでの実技講習中にスクール生の男性が尊い命を落とされるという痛ましい事故が発生致しました。
過去のデータから、4月~6月は年間を通じて最も事故の発生件数の多い時期です。明日より10連休という、過去に例のない長いG/Wが始まりますが、G/W中は多くのイベントが開催されると同時に、一般のお客様や経験の浅い愛好者が航空スポーツに触れる機会の多い期間でもあります。
各団体の関係者の皆様におかれましては、日頃より安全性の向上に努めていただいていることは承知しておりますが、今一度基本に立ち返り、お客様や愛好者、競技者の皆さまの安全を最優先して、法令遵守の徹底と安全対策の徹底に努めていただきますようお願いする次第です。合わせて、1月31日に航空局長から発信されました「航空機乗務員の飲酒による運航への影響について」につきましても、改めて会員の皆様への指導・周知徹底を図っていただき、運航の安全確保について万全を期していただきますようお願いいたします。


mikabo2416 at 14:39|Permalink

2019年04月25日

【周知依頼】天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う協力依頼について

1904250119042502本日、航空局安全部運航安全課長より
「天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う協力依頼について」(国空航第285号、平成31年4月25日付)を受領いたしました。通知文書、並びに添付しております関係資料をご確認をいただき、関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願い致します。2.に関しては4/17付けの警視庁からの協力依頼文書にてお伝えしている内容と重複する部分もございますが、今回はNOTAMもお付けしておりますので、ご確認ください。10連休前のお忙しい中の周知依頼となりまして誠に申し訳ございませんが、ご対応方、何卒よろしくお願い致します。
尚、当該文書及び情報の取り扱いにつきましては十分にご注意いただきますよう、よろしくお願い致します。


mikabo2416 at 21:17|Permalink

JADA「競技者及び指導者への注意喚起について」情報共有(JAAより)

1904501
文書では「沢井製薬株式会社」及び「株式会社陽進堂」の胃腸薬から、ドーピング禁止薬物成分が検出されたため、競技者に対して「服用を控える」との記載がございます。2019年国内外の競技会もこれから本格的なシーズンになって参ります。競技会に参加される競技者は、自身が服薬される・されている薬につきましてドーピング禁止薬物成分が含まれていないかを充分にご確認いただきまうようお願いいたします。服薬される・されている薬につきましてJADA公認の「スポーツファーマシスト」に相談が可能です。お近くのファーマシストは以下で検索が可能です。「スポーツファーマシスト」https://www.sp.playtruejapan.org/、また、JADAのホームページ「global DRO」でも禁止薬物成分が含まれているかを確認することも出来ます。「global DRO」https://www.globaldro.com/JP/search、その他の事項につきましては、当協会Web「航空スポーツにおけるアンチ・ドーピング活動のご案内」をご確認願います。http://www.aero.or.jp/koku_sports/Anti-Doping%202015.12.09.pdf

mikabo2416 at 20:59|Permalink

2019年04月22日

天皇陛下の御退位及び皇太子殿下のご即位に伴う警備協力依頼について

名称未設定-1
名称未設定-22019年4月28日~5月1日、及び5月4日の対象時間帯における「皇居及び赤坂御用地の外周から500m内及びその上空での飛行自粛」、及び、期間中を通じての「管理体制強化による機体等の盗難防止」「不審者(車)、不審物発見時の110番通報」に関する内容です。添付しております関係資料をご確認をいただき、関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願いいたします。

 


mikabo2416 at 18:32|Permalink

2019年04月12日

飛行自粛に関する協力について。

名称未設定-1名称未設定-2埼玉県、「航空自衛隊熊谷基地さくら祭り」の展示飛行に伴う飛行自粛に関する協力について
展示飛行 4月14日(日)8:00~16:00

mikabo2416 at 19:59|Permalink

2019年03月13日

国土交通省 航空局 安全部運航安全課より「GPS週数ロールオーバーに関する注意喚起について」

cc59cdd4d22839a1←(クリック拡大) (一財)日本航空協会を通じ、国土交通省 航空局 安全部運航安全課より「GPS週数ロールオーバーに関する注意喚起について」(平成31年3月1日付-添付資料)を受付しました。

mikabo2416 at 19:39|Permalink

2019年02月22日

天皇陛下御在位三十年記念式典に伴う協力依頼について 平成31年2月24日

天皇陛下御在位三十年記念式典に伴う協力依頼について-1天皇陛下御在位三十年記念式典に伴う協力依頼について-2(別添)NOTAM RJTT 1887←(クリック拡大) (一財)日本航空協会を通じ、航空局安全部運航安全課長より別紙のとおり協力依頼がありました。

mikabo2416 at 17:18|Permalink

2019年01月27日

平成30年度 日本パラモーター協会指導員認定講習会・認定試験 2019年3月23日及び3月30日の2日間

010203←(クリック拡大)

平成30年度(2018年度)のJPMAパラモーター指導員認定試験を実施いたします。
受験を希望されるかたは、事務局へご連絡頂きますようお願い致します。

JPMA事務局宛メール
事務局FAX:03-6205-8553続きを読む

mikabo2416 at 18:35|Permalink

平成31年度 前期日程試験の実施に伴う配慮について 平成31年2月25日(月)-26日(火) ■重要■

5324edb1ccab413d(一財)日本航空協会を通じ、東京大学総長より、別紙のとおり協力依頼がありました。

 東京都内の国公立大学のうち、本学をはじめ東京外国語大学、東京学芸大学、一橋大学の4大学では、平成31年度前期日程試験の実施期問中(2月25日及び2月26日)の「外国語」試験において、別紙のとおり聞き取り試験又はディクテーションを行うこととしております。
 つきましては、各大学の「外国語」試験時間中に航空機等の飛行騒音により試験の実施に支障が生ずることのないよう、静穏な試験環境の保持に可能な限り御配慮いただきますようお願いいたします。
なお、別途、国土交通省航空局長あてに、同様の協力依頼を行っていることを申し添えます。


パラモーター愛好者の皆さまにおかれましては、内容を確認のうえモラルや常識(航空法)を逸脱した飛行をしないよう、ご留意ください。また、指導的立場におられる皆様におかれましては活動クラブ員・スクール生徒への十分な注意喚起、配慮をお願いします。主内容は「飛行自粛要請」でディクテーション(外国語ヒアリング)の試験実施への配慮です。
 今件は国土交通省航空局宛にも協力依頼が行われています。該当地域に直接かかわりのない地域におかれましても、今後の飛行活動にこれら情報をお役立て頂きますようお願い致します。

本件の問い合わせ先
 東京大学本部人試課入試実施チーム
 電話 03-5841-2085
 FAX 03-5841-2412続きを読む

mikabo2416 at 17:46|Permalink

平成31年度(2019年) 新春のご挨拶 日本パラモーター協会

8b39636a新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

 今年5月には新元号の時代が始まり、平成が終わろうとしています。パラモーターにとって、平成という時代はどのようだったでしょうか。
 平成9年(1997年)、日本パラモーター協会の前身となる日本マイクロライト航空連盟-FLM部会がパラモーター愛好者の統括団体として発足し、約20年が経過しました。当初より、関係上部組織からはパラモーター事故防止への取り組みが強く望まれ、多くの課題を抱えながら、保険・技量認定制度の充実や事故防止対策の強化などに力を入れてまいりました。
 新たな時代と共に、パラモーターの安全を最優先に、パラモーター/パワードハンググライダー愛好者が楽しく飛べる環境づくりを目指し、組織の活性化を図ってまいりたいと存じますので、皆様ひとりひとりのご理解とご協力をお願いいたします。
皆様にとって、実り多き1年になりますことをお祈り申し上げます。


mikabo2416 at 17:34|Permalink