事務局

2020年03月31日

オリンピック・パラリンピック競技大会の延期に伴う小型無人機等飛行禁止の解除について

平素から大変お世話になっております。東京オリンピック・パラリン

ピック競技大会組織委員会

既にご承知のことと存じますが、東京大会が1年延期になった

関係で、東京大会に係る小型無人機等の飛行禁止措置については解除

される予定となっています。現在告示されている禁止区域は聖火到着

式から4月25日の大分県までの聖火リレールートで、それ以降のルー

ト及び競技会場等については今後の告示予定でしたので、現時点で飛

行禁止区域としての指定はされていません。

 

延期の期間がちょうど1年ですので、聖火リレーを含めた飛行禁止時

期については今年と同様となる見込みですが、決まり次第、改めてご

案内させていただきます。 

引き続きのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

警備局 警備部 警備総合調整課 

mikabo2416 at 19:21|Permalink

2020年03月26日

コロナウイルスの影響で。

コロナウイルスにより世界選手権延期になりました
来年に開催予定ですが次期は未定です
また11月末に開催する、アジアン・ビーチ・ゲームズですが
中国からの連絡がないためJOC・JAAと協議し不参加となりました。


mikabo2416 at 18:59|Permalink

2020年02月19日

オリンピック・パラリンピック開催中の協力依頼

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の対象大会関係施設及び周辺地域において、法律により、小型無人機(ドローン・ラジコン機等)及び特定航空用機器(気球・パラグライダー等)の飛行が原則禁止されます。
今年に入り、オリンピック・パラリンピック組織委員会、海上保安庁、警察等、警備関係の方々にJPMA事務局を訪問いただき、注意喚起依頼を受けるともに情報交換をさせていただいています。
神奈川でのセーリング、千葉でのサーフィン、埼玉でのゴルフなど、いつも飛んでいる空域が競技会場として規制を受ける場合があります。
大会本番以前に聖火リレーコース等も対象となります。
また、警備、報道等、関係者のヘリやドローンなどの飛行も増えるため十分な注意が必要です。
飛行禁止エリアは順次発表されます。
JPMAは関係各所のご協力をいただきながら情報発信に努めます。
会員の皆様におかれましては協会ホームぺージを確認していただくとともに各自情報収集に努めるようお願いいたします。
不注意な飛行は罰則を受けるばかりでなく、多大なる迷惑をかけ、日本の信用を失うことにもなりかねません。
ご協力お願いいたします。


mikabo2416 at 22:28|Permalink

2020年01月16日

【協力依頼】令和2年度前期日程試験の実施に伴う配慮について

航空スポーツ統括団体 関連各位

東京大学総長より、「令和2年度前期日程試験の実施に伴う配慮について(依頼)」を受領いたしました。
つきましては、添付しております依頼文書の内容をご確認いただき、
貴団体関係各位へご連絡等ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

mikabo2416 at 18:12|Permalink

2020年01月01日

令和2年度(2020年) 新春のご挨拶 日本パラモーター協会

富士山年7
新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

日本パラモーター協会では、安全対策の一環として、啓蒙活動や情報共有などのを行っています
本年も「事故再発防止」という根幹に立ちかえって、地道に取り組んで参りたいと思います
令和弐年、事故ゼロの一年にし会員の皆様が楽しい空を満喫できますよう
素晴らしい一年になりますことを、心より願っております
パラモーターの安全を最優先に、パラモーター/パワードハンググライダー愛好者が楽しく飛べる環境づくりを目指し、組織の活性化を図ってまいりたいと存じますので、皆様ひとりひとりのご理解とご協力をお願いいたします。
 皆様にとって、実り多き一年になりますことをお祈り申し上げます。



mikabo2416 at 04:49|Permalink

2019年12月25日

飛行自粛等に関する警備協力の依頼について(新年一般参賀)

「飛行自粛等に関する警備協力の依頼について」
(備、備2対第705号、令和元年12月23日付)を警視庁警備部長より受領いたしました。
2020年1月2日の対象時間帯における「都心部上空(概ね山手線内側の空域)での飛行自粛」、
「機体等の盗難防止措置」、及び「盗難事案発生時の速やかな通報連絡」に関する内容です。
添付しております関係資料をご確認をいただき、
関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願いいたします。

尚、本件に関しては、国土交通省航空局からも文書が発信される見込みですが、
皆様にとって十分な準備時間の確保が難しいタイミングとなる怖れもあるため、
予め本警視庁文書のみ先行してご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

続きを読む

mikabo2416 at 21:14|Permalink

年末年始休業のお知らせ

JPMAロゴB平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 JPMA事務局の年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
休業期間:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで       
2020年1月6日(月)より、通常業務を開始いたします。


mikabo2416 at 20:57|Permalink

2019年12月17日

令和2年度・大学入学者選抜大学入試センター試験の実施に伴う配慮について

いつもお世話になっております。
 「令和2年度大学入学者選抜大学入試センター試験の実施に伴う配慮について(依頼)」
(令和元年11月19日付)を独立行政法人大学入試センター理事長より受領いたしました。
 当該試験の実施時刻は日没後となりますが、静穏な環境の保持にご協力いただくための情報共有として
当該依頼文書と試験場一覧を添付の通りにお知らせしますので、内容をご確認いただき、必要に応じて
貴団体関係各位へご連絡等ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
大学入学




mikabo2416 at 17:20|Permalink

2019年12月13日

臨時理事会が開催

2019年12月10日 臨時理事会が開催されました。
事務局の移転・事務局長の交代にあたり、新事務所で開催されました。
以前の事務所はせまく、会員が集うことができませんでしたが、
新事務所は7坪ほどあり、今後の運営について話し合われました。
12月中には移転稼働となります。
近くにお見えの際は以下の連絡先に連絡の上、
激励のご訪問をいただければ幸いです。

<新事務所>
東京都港区新橋3丁目21番2号江藤ビル4階
03-6453-0406(電話番号も新しくなりました。)
office@paramotorjapan.jp

続きを読む

mikabo2416 at 20:43|Permalink

2019年11月08日

【周知依頼】「祝賀御列の儀等に伴う協力依頼について

国土交通省航空局安全部運航安全課長より

「祝賀御列の儀等に伴う協力依頼について」

(国空航第19448号、令和元年11月8日付)を受領いたしました。


昨日の警視庁警備部長文書に引き続きまして、連日の周知依頼となりまして恐縮ですが、

添付資料をご確認をいただき、関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願い致します。

尚、資料の取り扱いにつきましては、十分に留意いただきますようお願い致します。


続きを読む

mikabo2416 at 13:56|Permalink

2019年11月07日

「天皇陛下の御即位に伴う儀式等の警備協力依頼について(通知)」について(11月8~10日、14~15日)

本日、警視庁警備部長文書「天皇陛下の御即位に伴う儀式等の警備協力依頼について(通知)」(備、備2.対第631号)を受領しました。

先月22日に延期となりました「祝賀御列の儀」(11月10日、皇居から赤坂御所までのパレード)、

及び、「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」(11月9日)、「大嘗宮の儀」(11/14~15)に関する警備協力依頼です。


添付資料をご確認をいただき、

関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願い致します。

続きを読む

mikabo2416 at 19:01|Permalink

2019年10月31日

航空自衛隊/入間基地より【令和01年度入間航空祭11/3(金-祝)】

航空自衛隊/入間基地より、令和01年度入間航空祭の実施について通知がありました。

入間基地航空祭 2019」は埼玉県の航空自衛隊入間基地で2019年11月3日の「文化の日」に開催されます。

つきましては、パラモーター等の飛行に伴う不測の事態発生を防止するため、パラモーター愛好者の皆様におかれましては、内容を確認のうえ飛行自粛にご協力いただきますよう、またモラルや常識(航空法)を逸脱した飛行をしないよう、十分な配慮をお願いします。
また、フライト仲間同士での情報共有にもご協力ください。

続きを読む

mikabo2416 at 16:38|Permalink

2019年10月23日

G20観光大臣会合に伴う協力依頼について【CAB協力依頼】

いつも大変お世話になっております。

国土交通省航空局安全部より「G20観光大臣会合に伴う協力依頼について」の協力依頼メール(2019.10.21受診、詳細以下)を受領いたしました。

【受領内容】
平素より航空行政へのご協力ありがとうございます。
今般、「小型無人機等飛行禁止法」に基づく外務省告示によりニセコHANAZONOリゾートの一部及びその周辺地域の上空が飛行禁止区域として指定されました。
また、警察庁より、飛行禁止区域外の関係地域上空での無人航空機により飛行の自粛要請がございました。
つきましては、下記のとおり連絡させていただきますので、趣旨ご理解の上、傘下会員及び関係団体等へご連絡など御協力方よろしくお願いします。

【小型無人機等飛行禁止法に基づく指定区域上空の飛行禁止及び飛行自粛】
G20観光大臣会合の開催に伴い、「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域が指定されました。
10月24日より10月27日までの間は、同法に基づき、ニセコHANAZONOリゾートの一部及びその周辺地域の上空における小型無人機、操縦装置を有する
気球、ハンググライダー(原動機を有するものを含む。)、パラグライダー(原動機を有するものを含む。)等の飛行は禁止されます。
また、警察庁からの要請により「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします
(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する北海道警察本部に連絡してください。
具体的な飛行禁止区域等の詳細については以下のホームページをご確認下さい。
なお、航空法により、上記の期間にかかわらず、空港等の周辺や人口集中地区の上空等の空域は、原則として無人航空機の飛行は禁止となっております。

○小型無人機等飛行禁止法の飛行禁止区域に関する情報
 外務省ホームページ

○小型無人機等飛行禁止法に関する情報
 警察庁ホームページ

○飛行自粛要請地域
 北海道虻田郡倶知安町

○道警察の連絡先
 北海道警察本部 011-251-0110(内線5752)

以上。

つきましては、以下の文書をご確認をいただき、貴団体におかれましても、
小型航空機等の法令遵守及び安全優先の意識徹底のための指導・周知を図って頂きますよう、
ご協力よろしくお願い致します。



mikabo2416 at 19:31|Permalink

2019年10月18日

【追加情報の周知依頼】即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀等に伴う協力依頼について

国土交通省航空局安全部運航安全課ご担当より、

下記のメール(以下)を受領致しました。

 

昨日周知依頼を致しました添付文書の第2項にありました「外務省告示」が公布されましたので、

その内容を周知いただきたいとの主旨です。

外務省の告示内容については、外務省HPhttps://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/po/page22_003327.html)にてご確認ください。

 

2項にあるように、これは飛行自粛要請ではなく、平成28年度に施行された法律及びその改正法による飛行禁止です。

本年613日に改正法国会議事堂内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、
外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律等の一部を改正する法律
」(令和元年法律第10号)が
施行され、

(現在開催中のラグビーW杯に関する飛行禁止区域の指定が文部科学省の告示により、なされたように)

関係省庁の告示により、飛行禁止の対象となる期間及び期限が指定できることとなっております。

 

対象は小型無人機、及び

航空用機器;気球、ハンググライダー・パラグライダー(原動機を有するものを含む、です。

また、警察官等は、本法の規定に違反して小型無人機等の飛行を行う者に対し、機器の退去その他の必要な措置をとることを命ずることができます。
一定の場合には、小型無人機等の飛行の妨害、破損その他の必要な措置をとること
ができます。

上記に違反して、対象施設及びその指定敷地等の上空で小型無人機等の飛行を行った者や
法第10条第1項による警察官の命令に違反した者は、
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」
に処せられます。

続きを読む

mikabo2416 at 21:05|Permalink

2019年10月17日

【周知依頼】「天皇陛下の御即位に伴う儀式等の警備協力依頼について(通知)」について

航空スポーツ統括団体 関連各位


警視庁警備部長より

「天皇陛下の御即位に伴う儀式等の警備協力依頼について(通知)」

(備.備2.対第497号、令和元年10月11日付)を受領いたしました。


国土交通省航空局安全部運航安全課長より

「即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀等に伴う協力依頼について」

(国空航第1698号、令和元年10月16日付)を受領いたしました。


添付資料をご確認をいただき、関係者(関係先)へのご連絡・ご案内方、よろしくお願い致します。


続きを読む

mikabo2416 at 20:41|Permalink

2019年09月26日

「即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀等に伴う警備協力について」

国土交通省航空局より「即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀等に伴う警備協力について」
(国空総第540号、令和元年9月20付)を受領いたしました。
つきましては、パラモーター等の飛行に伴う不測の事態発生を防止するため、
パラモーター愛好者の皆様におかれましては、内容を確認のうえモラルや常識(航空法)を逸脱した飛行をしないよう、
十分な配慮をお願いします。また、フライト仲間間の情報共有にご協力ください。
「即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀等に伴(危安審→航空局長)国官危管第7号(警察庁→危安審)警察庁丙備一発第188


mikabo2416 at 21:22|Permalink

外国元首・祝賀使節等の来日に伴う飛行制限区域の設定について

今般、多数の外国元首・祝賀使節等が即位礼正殿の儀等挙行に際して来日すること
に伴い、国際テロ等の厳しい情勢を踏まえ、航空機によるテロ防止対策の一環として、
飛行制限区域を定める告示(令和元年8月29日国土交通省告示第485号)が公布
されたので、お知らせいたします。
つきましては、パラモーター等の飛行に伴う不測の事態発生を防止するため、パラモーター愛好者の皆様におかれましては、内容を確認のうえモラルや常識(航空法)を逸脱した飛行をしないよう、十分な配慮をお願いします。また、フライト仲間間の情報共有にご協力ください。
 
R1.9.17 告示公布事務連絡(航空協会)国土交通省告示第四百八十五号

mikabo2416 at 21:05|Permalink

2019年08月01日

2019年8月 業務休業のお知らせ

JPMA-LOGO-B
 JPMA事務局は下記の通り休業とさせていただきます。
  何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

  夏期休業: 2019年8月13日(火)~ 2019年8月16日(金)まで  
        ※2019年8月19日(月)より通常業務を開始いたします。



mikabo2416 at 15:00|Permalink

2019年07月22日

重大事案の注意喚起

重大事案の注意喚起
パラモーター飛行において、飛行した事による問題が発生しました、以下

先月6月に皇宮警察本部から6月4日と6月22日に電話があり、その内容は、モーターパラグライダーが6月4日には御所、6月22日には桂離宮の上空を低空飛行したので、弊社の関係者ではないか?または誰か?というものでした。

御所や桂離宮がある場所は京都の都市部で住宅地や商業施設、工場、高速道路、高圧線などがあるまさに都市の中心地と言えます。

弊社エリアルールではテイクオフ場やランディング場のある亀岡市や南丹市以外へ飛んで行くようなフライトは基本的に禁止していますが、モーターパラグライダーの問題のあるフライトによって、弊社のエリアにまで影響が及ばないよう、対策を打たなくてはならないと思い始めました。

過去には京都嵐山の観光地や向日市の新幹線の上空をフライトがあり、その時も警察観光関係者から問い合わせを受けており、同じ空を飛ぶ仲間とは思えない非常識な行動に憤りを覚えております。

どうか、御社様にもどうかご協力をいただき、正しく国内で飛ぶための最低限のことを守るよう呼びかけていただけないでしょうか?

今後ますますモーターパラグライダーの行動がエスカレートすると、パラグライダーでのフライトが日本では許可されない事態に発展してしまいそうです。

私個人の意見としては、もうモーターパラグライダーは国内の許可された以外のフライトには罰金が課されるようになっても自業自得だと思います。

しかし、ルールを守ってエリア内で飛んでいる我々まで自由に飛べる環境に影響を受けないよう願うばかりです。

この件は、パラワールドとしても、10月号に小さな記事を掲載予定です

※同じ空を飛ぶ仲間として知らないでは済まされません、航空法を理解し秩序やモラルを守らなければ、近い将来に規制を受け自由に飛べなくなります、また見かけたならば相手に教えてあげて下さい。

楽しく安全な飛行を 
パラモーター飛行において、最低限のフライトマナーや技量を有さずに飛行した事による苦情や事故が発生し、地域住民・地域社会への多大な悪影響が社会問題化している事例が確認されています。かねてより、国土交通省航空局や(財)日本航空協会などからは、パラモーターに限らず航空スポーツの事故多発を危惧し、関係団体へ愛好者の教育や啓蒙の徹底など強く指摘、要望され続けています。


モラル
に関しても苦情や地域問題は減ることがなく、飛行禁止を強要されたエリアも現実に出てきています。現状の航空法(通達)に適用されなくとも、地域条例によって規制される可能性が常に危惧されています。そのようなことにならぬよう、早急に地域社会との融和、協調をいかにとってゆくべきか、皆様お一人お一人が真摯に対応していただかなければならない時期にあることは愛好者皆様のご承知のとおりです。

 

当協会も行政・マスコミ等に対しご理解頂けるよう啓発活動を展開、活動を続けることでご理解を得て参りましたが、今後もこの航空スポーツが健全に発展してゆく為に、今ある自由を維持してゆく為にも、これからも皆様方のご理解とご協力を強くお願い申し上げます。

 

※海岸、観光地(公園なども含)などの飛行エリアでの低空飛行(観光客へのアピール)に注意!

河川敷や海岸線近隣、河川敷公園近隣でのフライトが中心となるために、海水浴やレジャーが多くなる季節を中心に、パラモーターの騒音苦情や危険行為(観客上空を低空フライト)と見なされる事例が挙げられます。

仲間内では楽しいフライトも、一般市民には迷惑と感じられることもありますのでご注意ください。パイロットは地上の人に対し、楽しませる思いで飛行しているかもしれませんが、一般市民の多くは騒音や危険性など嫌悪感を持つことが多く、これまでにも多くの苦情が寄せられてきます。

 

※(財)日本ハンググライディング連盟より鳥取砂丘での飛行自粛の啓蒙要請(以下抜粋)

昨年の同時期(GW中)に、身元不明の心無いエンジン付パラフライヤーが団体で、国立公園で特別天然記念物の鳥取砂丘の上を、ぶんぶんと観光客の近く飛行。鳥取市、鳥取県、管理団体から、厳しく注意を受けた。この地域で長く講習・フライト活動をしているHGPGも同罪で禁止することになりかねない事態が憂慮されている。(平成2141日から「日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例」が制定、施行されている。

 

諸事情御理解のうえ、エンジン付きパラグライダー・ハンググライダーの鳥取砂丘でのフライトはご遠慮していただけます様に、ご協力をよろしくお願いいたします。

昨年は、湘南地域でもマナーを守らず、同じ様に観光客のすぐ近くをフライトして、地元のクラブを困らせる事件も発生しました。
フライトする際は、フライヤー宣言の精神に基づき、他人に迷惑をかけないことを念頭におかなければなりません。一部のフライヤーの方により、たくさんのフライヤーの方々のフライトも自粛しないといけないケースが出ますので、何卒ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 



mikabo2416 at 20:26|Permalink

2019年07月12日

令和01年度日本パラモーター協会通常総会の開催(ご案内) 2019年8月6日(火)14:00~ 於:航空会館(東京都新橋)

190712-2総会案内0806-1会員各位

皆様におかれましては、はますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、当協会の運営に際しまして格別のご支援・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、標記の総会を下記により開催致しますので、ご多忙の折誠に恐縮に存じますが、ご出席賜りますようご案内申し上げます。

続きを読む

mikabo2416 at 20:38|Permalink