近畿ブロック:学科検定会 開催予定2020年7月19日(日) 滋賀県FAI Microlight & Paramotor Commission CIMA2019会議レポート

2020年07月07日

フィリピンホットバルーンイベントレポート 202003

フィリピンホットバルーンイベントレポート

By 五十嵐亮弥

 

やっと帰ってまいりました。

毎日トラブルが続いていた相棒はひどい思いをしたようですが、幸い私は毎日楽しめました。最後の日に彼はマニラでパスポートをスリに会って、搭乗日に仮のパスポートを発行してもらい帰れました。
大使館はコロナウイルスのために暇だったようで、今までに無いスピードで仮のパスポートを発行していただけました。
マニラの子供のスリは警察も多めに見ているようで、無くならないのだそうです。
人が寄ってきたら泥棒と思って正解のようです。
イベントは、毎日朝4時スタートで夜9時まで続きます。

01














バルーンの初日は強風で広げる事も出来ませんでしたが、二日目からは朝夕の飛行ができました。
日中は強風の競馬場でしたので、パラモーターとスカイダイビングとカイトなどがデモフライトを行いました。
夜はパラモーターにLEDを付けてのデモフライトとドローンによるデモフライト、花火などを行いました。
驚いたことは、観客の多いことです。皆チケットを購入して会場に入って楽しんでおりました。
イベントとしてもDJとロックバンドとマーチングバンドが朝から晩まで盛り上げていました。
まあ、会場の建物に入らないと暑くていられないので、チケットが必要なのかなあ?
気温は日中32℃くらいでした。
動画はまだ編集が間に合いませんので、出来上がりましたらYoutubeに載せますので連絡いたします。

02












まあ、楽しいイベントでした。
バルーンの方々のエネルギーはすばらしい物がありました。
色々なフライトグループが協力して、ショーとしてお金の取れるレベルに出来ていて感動いたしました。
イギリスからジャンプドッグと言うスイカダイブデモチーム
パラモーターはアメリカからツインズのデモフライトチーム
ホットバルーンは世界中から10グループくらい参加しておりました。
主催者のジョイロイさんも一生懸命なので、各国から多くの協力者が集まったという感じで、盛り上がっておりました。
日本からもバルーン連盟の大田さん達が参加していました。

03












びっくりするほど大掛かりなイベントになっております。
観客もチケットを買って見に来ているようで、熱心にいっぱい集まっています。
また、このようなイベントを行うことで、多くのスイカスポーツファンが増えると感じました。

04






















こちらではあまりコロナウイルスは気にしていないようでした。
動画はまだ編集が間に合いませんので、出来ましたらYoutubeに載せますので連絡いたします。

05






















まあ、楽しいイベントでした。
バルーンの方々のエネルギーはすばらしい物がありました。
色々なフライトグループが協力して、ショーとしてお金の取れるレベルに出来ていて感動いたしました。
また、このようなイベントを行うことで、多くのスイカスポーツファンが増えると感じました。

06














07
























08




mikabo2416 at 23:07│最新記事一覧 | 世界イベント
近畿ブロック:学科検定会 開催予定2020年7月19日(日) 滋賀県FAI Microlight & Paramotor Commission CIMA2019会議レポート