2023年06月10日

タンデム検定会開催報告(更新・新規)

2023年5月27-28日(土日)に滋賀県びわ湖守山エリアにてタンデム検定会が開催されました。
203136

タンデム検定は、新規7名 更新5名の参加となった。

27日の午前には、昨今のパラモーターを取り巻く環境についての話があり、今後のドローンとの共存についてやパッセンジャー、パイロットの安全装備の確認やパッセンジャーに適用する保険等を参考資料とともに確認した。

新たに追加されたタンデムフライト安全管理規定について、安全にフライトするための事項を皆で確認し、安全管理委員長を講師に迎えタンデム座学講習を行った。

お昼休憩を挟み、午後からは新規受講者はタンデム学科試験へ、更新受講者は実技試験へと二手に分かれての講習を行った。
学科試験に合格し、実技受験要件を満たしているものは実技へ進み試験を行った。
その日は風が弱くフロントで若干苦労した人も..。

28日の午前で講習会は終了した。


◆タンデム検定員◆
沖縄県 1名
大阪府 1名

タンデム検定員







mikabo2416 at 18:40|Permalink最新記事一覧 | 学科認定会

2023年05月31日

パラモーターを取り巻く環境の変化について(エリア情報調査票)

パラモーターを取り巻く環境の変化
エリア情報についてのお願い

 

飛行するにあたって

自身の活動エリアがどの位置にあり、どのような空域に設定されているのか、一番近い飛行場所がどこにあり、空域にどのような規制が敷かれているのかなどを改めて確認するだけでも安全への意識が深まります。近隣の模型飛行機やグライダー、ヘリポートなどの飛行場との連携も考慮してください。お近くの航空事務所などでも、空域について丁寧に教えてもらうことができます。

パラモーター愛好者の多くは地域と協調を図り、スクールやクラブ単位で自主ルールのもと秩序を維持して活動しています。しかしたった一人の問題飛行が法規制への道のきっかけに成りかねず、今後も自主規制による秩序とモラルが重要なことには変わりありません。

 

ドローンとパラモーター飛行の空域について

2015年から昨今にかけてドローンの法整備が進んでいます。その中には、空域制限・高度制限・リモートID搭載の義務付け・無人航空機の機体の登録制度の創設など

ドローンには規制段階があり、そのレベルにより区分けされています。

レベル1:目視内での操縦飛行

レベル2:目視内飛行(自動/自律飛行)

レベル3:無人地帯における目視外飛行

レベル4:有人地帯における目視外飛行

国土交通省では、ドローンのレベル4飛行(目視外、第三者上空)を実現することにより、物流、災害対応、インフラ点検などでのドローンの利活用が進み、少子高齢化、過疎化、担い手不足等の諸課題の克服と共に安全・安心で快適・便利なものを目指している。

 

もう既にレベル4による実証実験が各地の河川敷付近から行われており、2025年大阪万博・関西万博での商用運航に向けた取り組みや2025年以降には低高度においてのドローン、空飛ぶクルマ、有人機の安全・円滑な飛行の実現を目指し制度の整備に取り組んでいる。

※長崎五島列島は2023年から物流配送と郵便事業が開始されている。

災害レベルの輸送に関してはすでに運用が開始されている。

今まで飛行する空域の申請などは航空法でも義務ではなかったパラモーターですが、今後のドローンとの共生にはパラモーター愛好者の飛行空域の明確化及び国土交通省への情報提供は必須となることでしょう。

現に国土交通省航空局からは、各航空スポーツ団体の会員飛行空域の情報を求められています。

まだ完全にルート決定していない今こそ、航空スポーツで利用している空域があることを知ってもらうことが重要です。

今後は、ドローンの実証実験区域の把握、その他情報など、パラモーター愛好者様一人ひとりが情報に意識を向け責任ある飛行も求められます。

当協会も関係団体との情報共有を行い、ドローン実証実験情報の受け取り方や会員に向けての共有方法を検討し皆様が安全にフライトしていけるよう努めて参ります。

 

国が推し進めているドローン政策。そのためパラモーターの飛行空域の情報がドローン政策へどれほどの影響を与えられるかは正直のところわかりません。しかし、何も行動しなければ法律があり法に守られている航空機やドローンなどの航空の世界から取り残されて行くかもしれません。

今すぐに飛べなくなることはありませんが、安全管理の観点からしてみても互いの飛行空域は把握しておかなくてはならいでしょう。パラモーター活動が今後も継続できるように会員各位、「エリア空域情報の収集」にご協力のほどお願い申し上げます。

エリア情報調査票について(記入用紙)段階的に期日を設けエリア情報を収集してまいります。



2023年05月19日

2023年度JPMA通常総会開催のご案内


15583
15584


6月18日(日)オンライン接続URL(Skype)
 https://join.skype.com/w1yEjpToW5UT



mikabo2416 at 18:00|Permalink最新記事一覧 | 事務局

2023年05月17日

飛行自粛の警備協力依頼について

2023年05月12日

安全講習会日程変更のお知らせ

2023年6月10日更新
以下の内容で安全講習会の日程を変更しておりましたが、6月17日も地主の方のご都合によりやむなく中止となりました。

次回開催できる安全講習会の日程については、決まり次第改めてお知らせいたします。
宜しくお願いいたします。


5月13日(土)に予定されておりました安全講習会は、雨天のため講習日を6月17日(土)へ変更いたします。
下記内容をご確認ください。

安全講習会の開催日変更


mikabo2416 at 18:30|Permalink安全研修会 | 最新記事一覧

2023年05月10日

安全講習会開催報告レポート

JPMA証明 S-2301
15409
15410
15411



mikabo2416 at 19:20|Permalink最新記事一覧 | 安全研修会

2023年04月27日

安全講習会開催のお知らせ

日頃より、NPO法人日本パラモーター協会の活動にご理解ご協力いただき厚く御礼申し上げます。
新年度を迎え、各地ではJPMA指導員による安全講習会が開催される予定です。
会員の皆様に於かれましては今一度安全管理意識の向上を目指し、各地で開催される安全講習会へのご参加をお待ちしております。

◆安全講習会開催のご案内◆

⚫安全講習会2件のご案内です。
  お申し込みは、各参加会場のお問合せ先へお願いいたします。
安全講習会230429


安全講習会の開催230513



mikabo2416 at 11:10|Permalink最新記事一覧 | 安全研修会

2023年04月26日

緊急用務空域の追加指定

国土交通省航空局より緊急用務空域の追加の指定がありましたのでお知らせいたします。

令和5年4月25日から発生している群馬県桐生市での林野火災(同県沼田市にて4月24日に発生した林野火災とは別件)について、群馬県防災航空隊から、同航空隊等の緊急用務者がヘリコプターを用いて行う消火活動等の安全確保のための緊急用務空域の指定の依頼があり、以下のとおり航空法第132条の85による無人航空機の飛行禁止空域の指定を行います。
なお、緊急用務空域の指定による飛行の禁止については、航空法第134条の3による航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(凧、気球など)の許可及び通報についても適用になります。

詳細は、国土交通省ホームページをご確認ください。
ご確認いただきましたらフライヤーで情報共有いただきますようお願いいたします。

<以下概要>
【令和5年度緊急用務空域 公示第2号】
公示日時:令和5年4月25日21時30分
公示管理者:国土交通省航空局
公示管理番号:令和5年度緊急用務空域公示第2号
公示本文:次のとおり航空法第132条の85第1項第1号の規定により緊急用務空域第1号を指定する。
A) 関係都道府県:群馬県、栃木県(E項に詳述)
B) 開始:令和5年4月26日04時56分(日出)
C) 終了:別途通知するまで
D) 時間帯:日出/日没
E) 区域:以下、A~D地点に示す地点で囲む範囲(群馬県桐生市、みどり市、栃木県佐野市)
      A地点(北緯36度29分05秒、東経139度27分14秒)
      B地点(北緯36度26分42秒、東経139度24分18秒)
      C地点(北緯36度30分43秒、東経139度19分47秒)
      D地点(北緯36度33分32秒、東経139度24分35秒)
F) 下限高度:地上から
G) 上限高度:500m

16080

◆4月26日更新◆
2023年4月25日21時30分「令和5年度緊急用務空域 公示第2号」にて指定した群馬県桐生市における緊急用務空域について、この時間(16時00分)をもって指定を解除しましたのでここにお知らせ致します。
◆4月28日更新◆
2023年4月24日12時00分「令和5年度緊急用務空域 公示第1号」にて指定した群馬県沼田市における緊急用務空域について、この時間(10時38分)をもって指定を解除しましたのでここにお知らせ致します。

期間中、ご協力を頂きまして、ありがとうございました。





2023年04月25日

【GW期間中の休業日について】

【GW期間中の休業日について】
日頃より日本パラモーター協会の活動にご理解ご協力いただきありがとうございます。
業務上の都合により、4月28日は臨時休業とさせていただきます。
29日からはカレンダー通りのお休みをいただきます。

〈 休業期間 〉
4月28日(金)から4月30日(日)まで、5月2日(火)から5月5日(金)まで
5月1日(月)は通常業務となります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。



mikabo2416 at 10:00|Permalink最新記事一覧 | 事務局

2023年04月24日

緊急用務空域の指定(周知依頼)

国土交通省航空局より関係団体へ周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

本日、4月24日から発生しています群馬県の林野火災について、群馬県防災航空センターから、同航空隊等の緊急用務者がヘリコプターを用いて行う消火活動等の安全確保のための緊急用務空域の指定依頼があり、航空法第132条の85による無人航空機の飛行禁止空域について以下のとおり指定されます。
なお、緊急用務空域の指定による飛行の禁止については、航空法第134条の3による航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(凧、気球など)の許可及び通報についても適用になります。

詳細は、国土交通省ホームページをご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
ご確認いただきましたらフライヤーで情報共有いただきますようお願いいたします。


<以下概要>
【令和5年度緊急用務空域 公示第1号】
公示日時:令和5年4月24日12時00分
公示管理者:国土交通省航空局
公示管理番号:令和5年度緊急用務空域公示第1号
公示本文:次のとおり航空法第132条の85第1項第1号の規定により令和5年度緊急用務空域第1号 を指定する。
A) 関係都道府県:群馬県(E項に詳述)
B) 開始:令和5年4月24日12時00分
C) 終了:別途通知するまで
D) 時間帯:日出/日没
E) 区域:沼上山(北緯36度46分28秒、東経139度16分 34秒)、
     三俣山(北緯36度43分28秒、東経139度22分01秒)、
     広富トンネル(北緯36度36分51秒、東経139度11分51秒)、
     白沢橋(北緯36度39分23秒、東経139度07分58秒)で囲む範囲 (群馬県沼田市、利根郡)
F) 下限高度:地上から
G) 上限高度:500m




2023年04月13日

飛行自粛に関する警備協力の依頼について

4月16日~18日にかけてG7長野県軽井沢外務大臣会合が開催されることに伴い、長野県警察本部長から関係団体へ飛行自粛に係る協力依頼がございましたので、お知らせいたします。

 【飛行自粛要請日時及び区域】
(1)飛行自粛要請日時

令和5年4月16日(日)午後4時00分から同月18日(火)午後5時00分までの間

(2)施設

ア 主会場 フォレスターナ軽井沢 

 【北緯36度20分0.33秒 東経138度38分2.14秒】

イ 宿泊地 ザ・プリンスヴィラ軽井沢 

 【北緯36度20分21.85秒 東経138度38分17.86秒】

ウ 宿泊地 軽井沢マリオットホテル

 【北緯36度20分22.65秒 東経138度34分38.85秒】

(3)飛行自粛区域

主会場から半径1000m以内、地表から高度3000ft以下

宿泊地その他から半径500m、地表から高度3000ft以下


以下画像JPMA公式LINEより

飛行自粛23.4.13




エリアルール及びモラルの確認について

注意喚起



2023年03月09日

緊急用務空域の指定 (周知依頼)

緊急用務空域の指定

国土交通省航空局より関係団体へ周知依頼がありましたのでお知らせ致します。

昨日3月8日から発生している福島県の林野火災ため、本日am5:30より
航空法第132条の85による無人航空機の飛行禁止空域について、
以下の緊急用務空域が指定されました。

<以下概要>
【令和4年度緊急用務空域 公示第2号】
公示日時:令和5年3月9日5時30分
公示管理者:国土交通省航空局
公示管理番号:令和4年度緊急用務空域公示第2号
公示本文:次のとおり航空法第132条の85第1項第1号の規定により緊急用務空域第2号を指定する。
A) 関係都道府県:福島県(E項に詳述)
B) 開始:令和5年3月9日5時30分
C) 終了:別途通知するまで
D) 時間帯:日出/日没
E) 区域:北緯37度10分35秒東経140度15分15秒から半径3.5kmの範囲
F) 下限高度:地上から
G) 上限高度:600m

<以下概要>
【令和4年度緊急用務空域 公示第3号】
公示日時:令和5年3月9日5時30分
公示管理者:国土交通省航空局
公示管理番号:令和4年度緊急用務空域公示第3号
公示本文:次のとおり航空法第132条85第1項第1号の規定により緊急用務空域第3号を指定する。
A) 関係都道府県:福島県(E項に詳述)
B) 開始:令和5年3月9日5時30分
C) 終了:別途通知するまで
D) 時間帯:日出/日没
E) 区域:北緯37度19分40秒東経140度30分53秒から半径6.0kmの範囲
F) 下限高度:地上から
G) 上限高度:600m

詳細はこちら→https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html(国土交通省HP)
ご確認いただきましたらフライヤーで情報共有いただきますようお願いいたします。


3月10日更新
2023年3月9日5時30分公示「令和4年度緊急用務空域 公示第2号」および「令和4年度緊急用務空域 公示第3号」にて指定した福島県白河市、郡山市における緊急用務空域について、この時間(20時00分)をもって指定を解除しましたのでここにお知らせ致します。

期間中ご協力いただき、ありがとうございました。



2023年01月09日

令和5年度大学入学共通テストの実施に伴う配慮について

令和5年度大学入学共通テストの実施に伴う配慮(依頼)について、(一財)日本航空協会を通じ、(独)大学入試センターより、協力依頼がありました。

令和5年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テストの実施に伴う配慮について
 大学入試センターの業務につきましては,日頃から種々御理解,御協力を賜り厚く御礼中し上げます。 
  当センターでは,明年1月,全国の国公立大学及び私立大学(一部を除く。)と共同して,令和4年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テストを実施し,このうち英語については,下記のとおりリスニングの試験を行うこととしております。
このリスニング試験の実施に際しては,受験者が各自の能力を最大限発揮できるよう受験環境に細心の注意を払う必要があるため,毎年,関係各方面に対しても静穏な環境の保持について御協力をお願いしているところです。 
 ついては,今回の大学入学共通テストにおいても,リスニング試験の実施時間中,航空機の飛行の影響により受験者の音声の聞き取りに支障が生ずることのないよう,静穏な環境の保持について可能な限り御配慮をいただきますようお願いいたします。
(独)大学入試センターより

【 令和5年度大学入学共通テストの実施日 】
(1)本試験 令和5年1月14日(土),1月15日(日)
      リスニング試験実施時間:1月14日(土)17時40分~18時10分
(2)追試験 令和5年1月28日(土),1月29日(日)
      リスニング試験実施時間:1月28日(土)17時40分~18時10分

【 試験場 】


フライヤーの皆さまにおかれましては、大学受験者の音声の聞き取りに支障が生ずることのないよう試験実施期間中には会場付近の飛行自粛にご協力をお願いいたします。また、指導員の皆様におかれましては活動クラブ員・スクール生徒への十分な注意喚起、配慮をお願いします。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

JPMA事務局


2023年01月07日

第4回びわ湖守山エリアカップ開催のご案内

概要

大会お申し込みは大会申込用紙ダウンロードをクリック


mikabo2416 at 17:00|Permalink最新記事一覧 | 国内大会

新年のご挨拶

sinnnenn


皆様、新年あけましておめでとうございます。
かねてより進めておりました法人化は12月9日付で無事「特定非営利活動法人日本パラモーター協会」と法人となりました。
これも各委員会のおかげだと感謝しております。
未だ収まらぬコロナ禍ではありますが、先日見ていた箱根駅伝の観客の多さを見ているともう、コロナなど吹き飛ぶ勢いに見えました。
ご存知かもしれませんが私どものエリア富津岬は、箱根駅伝の各クラブの毎年合宿地になっており、フライト中はトレーニングしている姿がよく見えます。
今回の箱根駅伝では、優勝駒沢、2位中央、3位青山学院このトップ3も普段公園内でトレーニングに励んでいる姿を見ており、いい成績を挙げられている姿を見ているととても誇らしく思います。
また、JPMAパラモーター日本選手権も3年ぶりと変則的ではありますが開催することができました。
平常通りの生活や活動ができるのもそう遠くはないでしょう。
我々フライヤーは、空を楽しむことだけではなく無事に楽しむということを心がけ、健全なフライト活動を行って参りましょう。

昨今、ドローンの規制、商業化やレベル4(有人地帯での目視外飛行)まできていることからパラモーターフライヤーの飛行団体、飛行区域をより明確化することが必要となります。
それに伴い、今後は、JPMAに所属されているクラブ・エリア情報(使用空域)の登録を進めて参ります。各クラブ・スクール団体が飛行区域を示していくことにより、今後も航空スポーツが楽しく続けられるよう行動していかなければならないと感じております。
パラモーター愛好家の皆様におかれましては何卒、ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

フライヤー各位には、より良いフライト活動ができる一年になりますよう心から祈っております。

会長  萩原 光


mikabo2416 at 11:00|Permalink最新記事一覧 | 事務局

2022年12月24日

令和5年皇居一般参賀に係る皇居上空飛行自粛に関して

関係団体より、飛行自粛に関する周知依頼のお知らせがありました。

飛行自粛の内容について
● 令和5年1月2日(終日)における皇居直上の飛行の自粛
● 時間帯:日の出から 日の入りまで

※飛行自粛区域内での飛行及び会場から目視される飛行は行わないようお願い申し上げます。

JPMA事務局


2022年12月16日

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ (2)




mikabo2416 at 16:50|Permalink最新記事一覧 | 事務局

2022年11月25日

第17回 PPG東日本大会 大会報告


第17回PPG東日本大会                 
大会報告

大崎バルーンフェスティバルと同時開催の大会で                     
11月19、20日と東日本のパイロットスタッフ含め27名が参加しました。                       
新型コロナの感染により3年振りの大会でしたが                     
感染予防対策を講じながらの大会運営となりました。
                            
初日から天候に恵まれ複合タスクを行いました。                     
(テイクオフ・マーカー投下・キックポール・写真ハントナビ・グライダーターゲット)                   
長い時間飛行するには寒いようで制限時間を余し戻って来る選手もいました。                  
午後一時風が強い時もありましたがデモフライトを楽しみました。                     
                            
2日目も同じタスク構成で2日間の内良い点数の方が採用され順位が決まります。                         
2日目は穏やか過ぎる無風でライズアップに苦労してましたが競技が終わると                  
観客の前でのデモフライトを楽しみました。                  
成績発表の後は来年の再開を誓いながら地元特産かりんとうと賞品を手に家路に向かいました。                  
                            
優 勝    中澤 和志           宮城
準優勝    田村 高章           東京
第3位    中谷 鳳児           神奈川


栗駒フライトクラブ 
代表 佐々木

大会の様子
1
2
3



mikabo2416 at 16:02|Permalink国内大会 | 最新記事一覧

2022年11月18日

緊急用務空域の指定 (周知依頼)

国土交通省航空局より関係団体へ周知依頼がありましたのでお知らせ致します

栃木県日光市小佐越地内で発生した林野火災ため、本日14:30より
航空法第132条による無人航空機の飛行禁止空域について、以下の緊急用務空域が指定されました。

<概要>
公示日時:令和4年11月18日14時30分
公示管理者:国土交通省航空局
公示管理番号:令和4年緊急用務空域公示第1号
公示本文:次のとおり航空法第132条第1項第1号の規定
により緊急用務空域第1号を指定する。
A) 関係都道府県:栃木県(E項に詳述)
B) 開始:令和4年11月18日14時30分
C) 終了:別途通知するまで
D) 時間帯:日出/ 日没
E) 区域:北緯36度50分15秒、東経139度40分19秒
から半径3kmの範囲(栃木県日光市)
F) 下限高度:地上
G) 上限高度:500 m


詳細はこちら→https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html(国土交通省HP)
ご確認いただきましたらフライヤーで情報共有いただきますようお願いいたします。




11月19日更新
「令和4年緊急用務空域 公示第1号」にて指定した栃木県日光市における緊急用務空域について、11月19日(日)16時30分(日光市の日没時間)をもって指定解除されましたのでここにお知らせ致します。

期間中ご協力いただき、ありがとうございました。